2012年4月

春色のポタージュ(目黒区のお客様へのデリバリー)

「カボチャの冷たいポタージュ」 「グリンピースの冷たいポタージュ」 を目黒区のお客様にデリバリーいたしました。

それぞれの野菜の甘さを生かしたおすすめの商品です。

冷たくしてお召し上がりいただく品ですので これからの暖かくなる時期にぴったりです。

 

 

ポタージュ5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリ料理とニョニャ料理

先日 バリ島とシンガポールに一週間ほど滞在しました。

その時に食べたそれぞれの代表的な料理をご紹介します。

 

まず最初に行ったのはバリ島ですが、

バリのあるインドネシアは多民族なためさまざまな民族料理があるそうです。

バリ島の料理は その名のまま 「バリ料理」と呼ぶそうですが

ムスリムの多いインドネシアでは普通豚肉を食さないのですが、バリではヒンドゥー教の信者が多く

豚肉を使用した料理もあるそうです。

もっとも多いのは海老、鶏肉を使用した料理

主食は米です。

「サンバル」 と言う トウガラシやニンニク、ショウガ、ウコンなどをすりつぶしたソースを

いろいろなものに付けて食べますが 全体的に辛味に弱い味のものが多く 日本人向けの味です。

サンバル以外にはピーナッツソースをつけたり、からめた料理も多かったです。

 

 

バリ料理2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は 「ナシ チャンプルー」

ごはんとともに様々なおかずを一緒に盛り付けた料理のことをそう呼ぶようですが

ナシ は ごはん(お米)のこと チャンプルーは さまざまな食材をつかった料理という意味だそうです。

 

 

シンガポールで食べた 「ニョニャ料理」(プラナカン料理とも言う)もとても興味深いものでした。

  19世紀の後半の産業革命の時期に港湾都市として栄えたマラッカ海峡付近には多くの移民がいたのですが

中華系移民の父と現地のマレー民族の母から生まれた混血の子孫の男児を「ババ」

女児を「ニョニャ」と呼ぶために 「ニョニャ料理」と言うのです。

この料理は中華料理とマレー料理のミックスな訳ですが マレー料理の要素のほうが強く

辛さが強いものが多くありました。

 

「ニョニャ(プラナカン)」については料理だけでなく 建築やファッションなど不思議な特徴があり

ニョニャ文化に今はまっています。 

 

 

ニョニャ料理.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナナの葉で魚のすり身を包んで焼いた 「オタ オタ」

鶏を数種類の漢方系スパイス煮込んだ 「チクテ―」

牡蠣入りのオムレツ 「オイスター オムレット」

チキンの串焼き 「サテ―」

ニョニャ風フライドチキン 「アヤム ゴレン」

など

 

 

ラクサ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココナッツミルク風味のカレー味のスープの中にライスヌードルを入れた

「ラクサ」

辛いけれど ココナッツミルクの甘さもあって とても美味しいヌードルでした。

 

(代表 大田)

目黒区と港区のお客様へのデリバリー

本日のデリバリー先は目黒区と港区のお客様でした。

それぞれ お持ちしましたお料理をご紹介します。

 

まずは目黒区の客さまのお料理です。

5、6名様でお召し上がりになるとうかがっておりましたが

10品をセレクトされました。

 

デリバリー風景2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上 右端から横に

・ライスコロッケ

・ローストポークとリンゴのキャラメリゼ

・ミニテリヤキチキンバーガー

・イタリアンチキン

・季節のフルーツのブロシェット

・クレープ アプリコット風味

・フライドチキン

・焼きそら豆と焼き竹の子の生ハムロール

・カボチャの冷たいポタージュ

・テリヤキチキンとグリル野菜のカップライス

 

 

次に港区のお客様

「パエリア」と「子羊のロースト」を4皿づつご注文くださいました。

前菜やサラダ、デザートなどはご自身でご用意されるとのことでした。

このお客様のように いくつかはご自身で作られて 部分的にデリバリーを利用されると

ご準備のご負担が軽くなりますので 賢い方法だと思います。

その際には どのような料理を作られるのかお知らせいただけますと

こちらもご提案しやすくなります。

 

パエリア1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シーフードのパエリア風

 

 

ラム2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子羊のロースト はちみつとローズマリーの風味 

1
PAGE TOP