2015年3月

細胞フィンガーフード

日本科学未来館さま からのご依頼で「細胞」をイメージしたフィンガーフードを作りました。

現在、常設展示会場で「細胞達研究開発中」というテーマの展示をされており、そのレセプションパ

ーティーでのお料理です。

色々と考えて、細胞に関係する器官を簡略化して表現してみました。

食べる方が、「あーこの部分ね。と何となくわかるわかる。」みたいな風になるといいなと思って。

そのため、生物の教科書を見たりしながら案を練りました。

 

                                                     

細胞.JPG

グミでつくっています。

言うなれば「細胞型グミ」ですね。

水色の部分が細胞内になります。

外周は細胞膜です。

紫グミは「核」です。核内には

DNAの二重らせんがある。

といった設定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      

写真ぐみ.JPG

グミ板を作成し、円形型で抜いて

いきます。水色グミはブルーハワ

イで作りました。

紫グミはウェルチのグレープジュ

-スでつくっています。

 

 

 

 

 

                                      

写真DNA.JPG

パプリカ2色でDNAの2重らせん

を作ります。

この作業が一番大変でした。

パプリカを細く棒状にカットし、

それを薄くそいでいきます。

出来上がった2色のそれをゆっくり

なじませながら、らせん状にツイ

ストしていきます。

60本必要でしたが、60本完成す

るまでに4時間くらいかかりまし

た。

 

 

 

 

 

                                      

写真ミト.JPG

これは、「ミトコンドリア」です。

わかりますでしょうか?

クルトン、ハム、スライスチーズで

作られています。

ミトコンドリアのゾウリムシみたい

な形に薄切りパンとハムをはさみ

でカットしていきます。

内膜の部分はチーズを短い棒

状にカットし、それをジグザグに組

み合わせていき、「クリステ」みたく

してみましました。

パンはカリッと焼きクルトンにしま

す。ハムとクルトンの間にはハム

のパテを塗りました。

 

 

                                        

リン脂質.JPG

細胞膜の部分にある

「リン脂質2重層」に見立てていま

す。

ベースはじゃが芋のソテーです。

サワークリームを薄く塗り、イクラ

で親水性の頭部、三つ葉の茎で

疎水性の尾部をあらわしていま

す。

リン脂質2重層を知らない人には

何のことやらでしょうが、そういう

器官が細胞膜にはあるのです。

これも三つ葉を組んでいくのに

とっても時間がかかりました。

 

 

 

 

 

今回の任務は細かい作業が多く、結構肩がコリました。

それにしても、フィンガーフードで細胞を作ってみるなんて思いもしませんでしたが、

しかし、面白いお仕事でした!

細胞に限らず、体内のいろんな器官を表現できるのでは?

色々試してみたいですが、普通のパーティーでそんな料理が出てきたら

気味が悪いですね。

サラダが食べたくなる春

 

暖かくなり、春めいてくると野菜がおいしくなりますね。

生野菜は、熱に弱いビタミンや酵素などを壊さずに摂取できるので

たくさん食べたいものです。

キッチンオオタのデリバリーメニューにもいくつかのサラダのご用意があります。

どうぞお試しください。 

 

star_100303-78.jpg

 

 

 

ベビーリーフと生ハム、リンゴのサラダ

 


star_100303-122.jpg
         スモークシュリンプのサラダ                    ニース風サラダ

star_100303-90.jpg                                                                   

中国茶を楽しむ会

キッチンを利用し食について知識を深める会、食でつながる会で

中国茶を楽しむ春の会「香春茶会」を開催いたしました。

中国茶にとってもお詳しい、お友達の下條さんに 6種類ほどの中国茶を入れていただき

そのお茶の特徴や入れ方などについてお話を聞きながら、

お茶とともに手作りのお菓子やお料理との組み合わせを楽しむひとときです。

          

                                              

nnZK2Pzc9HFEyL4Ly5DB8YVBXAqBNKSv_j-xURXLIps.jpg

天井から中華風の房をつりさげての演出です。

グリーンとピンクがこの日のテーマカラーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       

YIZiAsPJbN5rMiwBYfOfmrhwLJV0JqYhX9M9Od89Rk8.jpg

茶譜です。

茶譜とはお茶のメニュー表にようなものです。

茶譜にある6種と花茶の7種を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

                                      

c52S5I8yQZa5_ZSnpi2kINRitW6nE7hCStZ487Wt5hs.jpg

花茶

飲んで楽しんだ後はガラスのポットに移し、

水を注ぎ、水中花として鑑賞する楽しみがあります。

                                                          

PcHZOXLLs3iGAWoHzNsy5mZ-sMBVN_aiPsGAqGXBMFs.jpg

高価な茶器もたくさんお持ちいただいて

それらを見るだけでも、目の保養になりました。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                

EyY1jr-a-AeWkInUwSPr5-JJHx2Xw0QLgSzfOCC0oF0.jpg

この日の一皿目は茶菓の盛り合わせです。

お菓子作りが得意な会のメンバーの鎌田さんには

柿の餡とクリームチーズのロール、浮島、大根餅

を作っていただきました。

全部で8種になります。

 

 

 

 

 

                                     

0X9c-NXq-56CYE5OBMn0YEb8ApBs0B93UqMSoie3Iwg.jpg

2皿目は鶏の蓮の葉包み焼きを

割包に胡瓜、白髪ねぎ、山椒の実など包んで

お召し上がりいただきました。

割包は手作りです。

蒸したてのあつあつを楽しんでいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     

kKW1A1OQkPZzmP1JRu4u9xCP5Tw2SlvvRlSlpU78dGY.jpg

鶏の蓮の葉包み焼き

乾燥した蓮の葉を水でもどしてから

鶏包んで焼きます。

蓮の葉の香りが鶏に移って、上品な味です。

 

 

 

 

 

 

                                     

NzC1IfTffEehWqDq6Yjmb4g6Uw8YZyixj3mTotYzWcU.jpg

お土産に花茶をお持ちいただきました。

ご参加のみなさんは中国茶の香りに癒され、

こころなしか、リラックスして帰られたように感じました。

 

 

下條さん、ご参加いただきました、みなさまありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニ焼ドーナツ

ミニ焼ドーナツ100個作りました。

焼ドーナツは早めに焼くと固くなってしまうので、納品ぎりぎりに。

チョコレートコーティングをしてあるため、生地は甘さ控えめに作ってあります。

 

ドーナツ.JPG

 

ノリタケ60

食器はもう生産されていない? 「ノリタケ60」です。

ホームパーティーなどの、お客様の人数が比較的少ない時に使用するために

30枚ほど10年近く前に購入しました。

メラミン素材で出来ていて割れません。

内側は白いのですが、外側はカラーになっていて、黄色、水色、朱色、ピンク、紺、黒、白 など色のバリエーションが結構あります。

また、スタッキングが出来て、持ち運び、収納にも とっても便利です。

今頃になって、もっと、もっと、欲しい!と思っているのですが

いろいろ調べた結果 扱っているところがもう無さそうです。

どなたか、扱っている所をご存じな方いらっしゃいませんでしょうか?

 

                                          

機内食風2.JPG

ひなまつり

3月3日 ひなまつりです。

自宅の雛人形を数日前にようやく出しました。

私(大田)の生まれた年に購入したものなので、もう相当年季が入っていて

修理が必要な部品もあります。

本来は7段飾りのお雛なのですが、なかなか7段すべてを飾ることはかなわず

内裏雛のみを飾っています。

 

写真 (93).JPG

1
PAGE TOP